シンクロニシティなリンク集 – 001

シンクロニシティなリンク集 – 001

 

スピリチュアル世界を探求するあなたの、お役に立てれば幸いです。

どうぞ素敵な出会いを、お楽しみ下さい。

よい旅を。・・・・・

※※※リンク先の名前の青文字をクリックして下さい。

 

 

個性派の新刊書店
(表参道)青山ブックセンター(オールジャンル)

(画像は「aoyamabc.jp」から引用)

  ◎◎概要◎◎
書店員の顔が見える独特の棚展開が特徴。

クリエイティブ系/ライフスタイル書籍/文芸や人文書/海外雑誌/など、幅広く豊富な品揃え

トークショー/講座/ワークショップ/展示会/フェア/など、学びの場としてのイベントを開催

  ◎◎リンク◎◎
公式サイト  Facebook  X(旧Twitter)-1  X(旧Twitter)-2  Instagram

    ◎◎詳細◎◎(▶をクリックで表示、もう1度クリックで隠す)
  ◎◎MIYA-JUN解説◎◎


“ABC”という愛称で親しまれる、このエリア最大の老舗書店

ワンフロア400坪に約10万冊。「検索でたどりつかない、本とアイデアを。」が合言葉。書店員の顔が見える独特の棚展開を、多くのファンが支持。

デザイン・広告・写真・建築・アートなどクリエイティブ系の書籍、料理・インテリアなどライフスタイル書籍、海外文学をはじめとした文芸や人文書が充実。一般の書店では取り扱いが少ない海外雑誌も幅広く揃う豊富な品揃え

学びの場としてのイベント、トークショー・講座・ワークショップ・展示会・フェアなどを開催。

過去には、佐藤卓・原研哉・深澤直人・中島英樹・佐藤可士和・ナガオカケンメイ・水野学など、第一線で活躍するデザイナーやアートディレクターを迎えたトークイベントも。

2018年、新たに就任した熱い心で挑戦し続ける若き店長・山下優。

個人の発信力でtwitterフォロワー達を魅了。自ら企画・編集・発行・販売した、発酵デザイナー・小倉ヒラクによる写真集『発酵する日本(限定2000部)』は、発売前にもかかわらず予約650冊超えを達成。

………<店長メッセージ>「青山ブックセンターのロゴが変わります。青山ブックセンターは、出版を始め、コミュニティーを作り、長らく変化のない本屋のあり方を変えていきたいと動いています。どんな商いも、時代にあわせて変化していくべきだし、変化していかないと残っていけないと考えています。新しいロゴを旗印として、本屋、書店の未来を切り開いていきます。」

  ◎◎参考記事(2本)◎◎


1、本屋は、本屋を超えてゆく。表参道「青山ブックセンター本店」が照らす「小売」の未来|イケウチな人たち。 | 好きな人たちと考える、これからの豊かさ (こちら

2、青山ブックセンター店長・山下優が語る、書店が出版をはじめた理由「本を売ることを諦めたくない」 | StoryWriter (こちら

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(新宿御苑)イレギュラー リズム アサイラム(アナキズム、DIY、カウンターカルチャー、インフォショップ)


(画像は「IRREGULAR RHYTHM ASYLUM – Facebook」から引用

  ◎◎概要◎◎
アナキズムDIYをメインテーマに、国内外のカウンターカルチャーに関する、情報/物/人/が集まる場所(インフォショップ)。

書籍/ZINE/CD/Tシャツ/グッズ/などを販売。

  ◎◎リンク◎◎
公式サイト  ブログ  Facebook  X(旧Twitter)  Instagram

    ◎◎詳細◎◎(▶をクリックで表示、もう1度クリックで隠す)
  ◎◎MIYA-JUN解説◎◎


<公式HPから>「2004年オープンしたインフォショップです。アナキズムDIYをメインテーマに、社会運動対抗文化に関する書籍やZINEやグッズ、またそれらに直接携わる人々が国内だけではなく海外からも集まるスペースです。展示、上映会、ワークショップ、パーティーなどのイベントもときどき開催しています。また、毎週火曜日の夜にはソー イング・サークルNU☆MAN、毎週木曜日には木版画コレクティブA3BCの集まりを定期的に開催中。」

………との事。CD・レコード・カセットテープ・Tシャツなども取り扱い。国内外のカウンターカルチャーに関する情報、物、そして人が集まる場所

ちなみに、『インフォショップ』とは、………

<Wikipediaから>「インフォショップは、人々がアナキストやオートノミストのアイデアにアクセスできる場所です。多くの場合、これらは独立型のプロジェクトであるか、より大きな急進的な書店、アーカイブ、自律型ソーシャルセンター、またはコミュニティセンターの一部を形成できます。」

………との事。カフェの場合も有り、形態は様々。

  ◎◎参考記事(4本)◎◎


1、人と人をつなぐ新しい形……「インフォショップ」ってナニ? | greenz.jp グリーンズ (こちら

2、名前のない新聞 No.212/2019 年7・8月号「イレギュラー・リズム・アサイラム店主・成田圭祐インタビュー」 (こちら

3、雨宮処凛さん×成田圭祐さん×松本哉さん「2017年 希望はどこにある? ここにある!!!」〜“とんでもない場所”でつながろう〜(その1) | マガジン9 (こちら

4、(店主・成田圭祐の寄稿文)勝手に「社会」を創る無法者!? アナキストたちの愉快な抵抗|サイゾーpremium (こちら

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(新代田)エトセトラブックス BOOKSHOP(フェミニズム)

(画像は「etcbooks.co.jp」から引用)

  ◎◎概要◎◎
<公式HPから>エトセトラブックスが経営するフェミニストのための書店です。エトセトラブックス刊行の本はもちろんのこと、古今東西のフェミニズム本を集めています。本棚の前でどうぞ色々なフェミニストたちの声を聴いてください。

[エトセトラブックスについて]まだ伝えられていない女性の声、フェミニストの声を届ける出版社です。これまでエトセトラ(その他)とされてきた女性の声は無限にあり、フェミニズムの形も個人の数だけ無限にあります。そんな〈エトセトラ〉を届けるフェミニストプレスです。

  ◎◎リンク◎◎
公式サイト  webストア  出版  X(旧Twitter)  Instagram  YouTubeチャンネル

    ◎◎詳細◎◎(▶をクリックで表示、もう1度クリックで隠す)
  ◎◎MIYA-JUN解説◎◎


フェミニズム専門出版社エトセトラブックスが運営する、フェミニストのための小さな書店「エトセトラブックス BOOKSHOP」。

棚に並ぶのは、エトセトラブックス刊行の本「(雑誌)エトセトラ」「フェミニズムはみんなのもの」「痴漢とはなにか」「女の子だから、男の子だからをなくす本」「女の子たちと公的機関」等ほか、専門書/学術書/小説/エッセイ/コミック/絵本/古本/など、フェミニズムにまつわる書籍。

(雑誌)エトセトラ」は特に人気が高く、「特集:コンビニからエロ本がなくなる日」と「特集:We ❤LOVE 田嶋陽子!」の号は、独立系出版社として異例の5000部を完売

出版社「エトセトラブックス」は、2018年に設立。代表は、河出書房新社で長年書籍編集者として勤務し、性暴力に抗議するスタンディング・デモ「フラワーデモ」呼びかけ人の一人としても活躍する、第4波フェミニズム・ブーム立役者・松尾亜紀子

「エトセトラブックス BOOKSHOP」は、2020年・年末にプレオープンし、新型コロナ対策・人数制限の中を行列が出き、約350冊の本が売れる大盛況。

グランドオープンは、2021年1月。店長は、「本屋 B&B・下北沢」と兼任で勤務する寺島さやか。彼女がブックセレクトした「B&B・フェミニズムフェア」のセンスに感動した松尾亜紀子が、寺島さやかをスカウト。他のメンバーは、デザイナーの福岡南央子/編集&スタッフの竹花帯子。

新代田駅から徒歩1分ほど、自然光が差し込み明るく穏やかな雰囲気、女性が一人でも安心して訪れられる場所。スペースの半分はその事務所として使い、週に3日書店として営業。

メッセージ性のあるTシャツ/トートバッグ/雑貨/なども販売。読書会/トークショー/ワークショップ/などのイベントを開催。

書から知見を深め連帯へと、女性たちをつなぐ拠点

  ◎◎参考記事-A(6本)◎◎


1、フェミニズム専門出版社「エトセトラブックス」が書店をオープン:東京ガイド – Time Out Tokyo(タイムアウト東京) (こちら

2、東京・新代田にフェミニズム専門書店「エトセトラブックス」がオープン! | GQ JAPAN (こちら

3、【世田谷区】日本に限らず女性やジェンダーを考える!フェミニズム専門書店「エトセトラブックス BOOKSHOP」が1月14日グランドオープン | 号外NET 世田谷区 (こちら

4、素敵な本に出合える、私の好きな本屋。作家・山内マリコ ×『エトセトラブックス BOOKSHOP』INSPIRING BOOKS いい本との、出合いは大切。 | Article | & Premium (アンド プレミアム) (こちら

5、エトセトラブックス BOOKSHOPへ行きました❤ | おしゃれ☆ファンタジー (こちら

6、学生と10代のフェミニストへ、書店で1,000円の割引を開始:東京ガイド – Time Out Tokyo(タイムアウト東京) (こちら

  ◎◎参考記事-B(21本)◎◎


1、エトセトラブックス(東京) 本でつながる女性たちが週に3日開く、みんなのフェミニズム専門書店|好書好日 (こちら)

2、“女性たちをつなぐ拠点をつくりたい” フェミニズム専門書店「エトセトラブックス」インタビュー vol.1 | GQ JAPAN (こちら)

3、「みんなのために」じゃないフェミニズム 出版社エトセトラブックス代表が語る日本のフェミニズムとファッション – WWDJAPAN (こちら)

4、NO!性差別「フラワーデモ」が世の中を変えつつある | ハルメクカルチャー (こちら)

5、遠慮しない「フェミニズム誌」熱く求められる訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (こちら)

6、「コンビニからエロ本がなくなる日」を特集した創刊雑誌が話題に。フェミニズム専門出版社の設立者に聞いた | ハフポスト PROJECT (こちら)

7、目の前の男を変えるより大切なこと。石川優実×松尾亜紀子が語るフェミニズムとバックラッシュ | Business Insider Japan (こちら)

8、「今、フェミニズムの熱波が来ている!」スペシャル対談 松尾亜紀子×雨宮処凛 | 連載コラム | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス (こちら)

9、北原みのりさん×松尾亜紀子さん:性暴力のない社会へ、声をあげることから変えていく | マガジン9 (こちら)

10、松田青子×松尾亜紀子「出版はフェミニズム運動。違和感を可視化したい」(FRaU編集部) | FRaU (こちら)

11、りぷる対談「企業×ジェンダー=持続的な運動」|札幌市男女共同参画センター (こちら)

12、フェミニズム専門出版社で伝えたいこと 松尾亜紀子:日経xwoman (こちら)

13、私のフェミニズム<下> 松尾亜紀子さん 闘うのは男性でなく性差別 「連帯の場」の出版社目指す|【西日本新聞me】 (こちら)

14、われわれの身体問題、アクティビスト&起業家からのメッセージ━ 2022 vol.4 エトセトラブックス 代表 松尾亜紀子さん – フェムテック調査団 | SPUR (こちら)

15、「フェミニズム本は、生きづらさや違和感に言葉を与えてくれる」──エトセトラブックス松尾亜紀子。【女性リーダーたちの挑戦】 | Vogue Japan (こちら)

16、涙も怒りもずっと我慢してきた 「黙らせる社会」に抵抗するフェミニズム専門書店「エトセトラブックス」を開いた松尾亜紀子さん:東京新聞 TOKYO Web (こちら)

17、大人にこそ響く「ジェンダー」を学び直すための道しるべ (こちら)

18、これを読めばもっと自由に生きられる! “女らしさ”から解放してくれるおすすめの本 10冊:ELLEgirl (こちら)

19、「性差別」を考えるための6冊 by フェミニスト書店「エトセトラブックス」(GQ JAPAN) (こちら)

20、#5 コイズミさん、フェミニズムの扉を開く | ホントのコイズミさん | SPOTIFY オリジナル (こちら)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(千駄木)往来堂書店()

 

 

 

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(神楽坂)かもめブックス(オールジャンル、書店とカフェとギャラリー)

(画像は「kamomebooks.official.ec」と「kamomebooks.jp」から引用)

  ◎◎概要◎◎
書店とカフェとギャラリーが一体の、なんだか楽しいハピネス空間

様々な工夫や仕掛けと遊び心のある見せ方で、思いがけない「新しい本との出会い」を演出。

◎◎リンク◎◎
公式サイト  Facebook  X(旧Twitter)  Instagram

    ◎◎詳細◎◎(▶をクリックで表示、もう1度クリックで隠す)
  ◎◎MIYA-JUN解説◎◎


なんだか楽しいハピネス空間、書店とカフェとギャラリーが一体の、神楽坂かもめブックス。近所にある校正・校閲の会社「鷗来堂」が運営。

書店コーナーでは、様々な工夫や仕掛けと遊び心のある見せ方で、思いがけない「新しい本との出会い」を演出。

毎回違う発見がある“巻頭特集”、テーマごとに並べられた本棚、読んでみてのお楽しみ「Secret Book」、独特なセンスで人気の文具・雑貨、気さくな店主・柳下恭平をモチーフにした店のマスコットキャラクター「アンドウさん」グッズ、絵本を積んだバギー、…ets。

本棚のテーマは、「はたらく本棚 WORKERS BOOKSHELF」「趣味×趣味トリップ」「レイニー・メトロノーム・ブックス」「動物って最高だ」「ウキウキ時代ウォッチング」など。

単独でも通用する本格的なカフェ「WEEKENDERSCOFEE All Right」の看板メニューは、トーストされた食パンにプリンを塗って食べる「神楽坂プリントースト」「イングリッシュスコーン」「ハムとチーズのトースト」。Wi-Fiスポットを設置しない「オフライン」の時間を提供。

非日常を感じられるギャラリー「ondo kagurazaka」では、魅力的なイベントやワークショップを開催。個展(現代アート・絵本作家ほか)、映画フェア、ラテアート講座、ヨガ、落語、トークショーなど。

また、木〜土曜日19:30〜は店の軒下を貸し出し、ホームレス支援団体ビッグイシューによる廃棄食品販売「夜のパン屋さん」も好評。

………柳下恭平(代表取締役)プロフィール。1976年生まれ。世界を放浪したのち、28歳で「鷗来堂」創立。2014年、老舗本屋閉店にショックを受け、「街の本屋さん」の灯を消してはならないと決意し、その場所に「かもめブックス」開店。2017年、全国各地で本屋の企画・運営を行う「エディトリアル・ジェットセット事業部」立ち上げ。日本の新しい書店文化創出に向け活躍中。

  ◎◎参考記事(5本)◎◎


1、校閲会社が本気を出したブックカフェ「かもめブックス」、こだわりの数々とは? | TRIP’S(トリップス) (こちら)

2、かもめブックスが神楽坂にオープン!カフェやギャラリーを併設した街の本屋さん | TravelNote[トラベルノート] (こちら)

3、【特集|その働きかたが知りたい】神楽坂・かもめブックス 第1話:街の本屋さんになる決意をした僕ら – 北欧、暮らしの道具店 (こちら)

4、不況の書店業界を変える?柳下恭平はなぜ本を売るのか:FASHIONSNAP [ファッションスナップ] (こちら)

5、―本屋は世界に必要ないのか― 出版の街「神楽坂」で校閲として考えたこと – SUUMOタウン (こちら)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(三軒茶屋)Cat’s Meow Books(猫本、カフェ)

(画像は「Cat’s Meow Books – Facebook」から引用)

  ◎◎概要◎◎
<「Cat’s Meow Books Virtual Shop β」から>

猫のいる/猫本だらけの/猫と人を幸せにする東京・三軒茶屋の本屋の仮想店舗です。

元保護猫に店員として活躍してもらう代わりに、売上の10%を猫の保護活動に寄付し、猫と本屋が助け合う関係を目指しています。

  ◎◎リンク◎◎
公式サイト  Facebook  X(旧Twitter)  Instagram  YouTubeチャンネル  一般社団法人LOVE & Co.  ネコリパブリック  ファン・サイト

    ◎◎詳細◎◎(▶をクリックで表示、もう1度クリックで隠す)
  ◎◎MIYA-JUN解説◎◎

英語名称:Cyber Craftsmans’ Village Co., LTD. 略称:CCV

  ◎◎参考記事-A(12本)◎◎

2200001025486

  ◎◎参考記事-B(19本)◎◎

2200001025486

  ◎◎参考記事-C(11本)◎◎

愛知県名古屋市中区丸の内2-17-30 ie桜通伏見ビルディング8F

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(表参道)山陽堂書店()


(画像は「sanyodo-shoten.co.jp」と「山陽堂書店 – X(旧Twitter)」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(渋谷)SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(書籍・雑貨・文具・フード・古着、書店と出版オフィス)

(画像は「shibuyabooks.co.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(池袋)ジュンク堂 池袋本店(オールジャンル、スピリチュアル)

(画像は「ジュンク堂 池袋本店 – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(藤沢)湘南 T-SITE(オールジャンル、蔦屋書店を中核とした生活提案型文化複合施設)


(画像は「湘南 T-SITE – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(片瀬江ノ島)湘南天狼院(海の見える本屋、オールジャンル、カフェ、体験イベント)


(画像は「湘南天狼院 – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(神保町)書泉グランデ(趣味の本、スピリチュアル)

(画像は「書泉グランデ – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(西荻窪)信愛書店en=gawa(セレクト本、コミュニティスペース)

(画像は「kouenjishorin.jugem.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(南青山)新建築書店 | Post Architecture Books(アート、建築)

(画像は「post-architecture-books.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(代官山)代官山 T-SITE(オールジャンル、蔦屋書店を中核とした生活提案型文化複合施設)

(画像は「nyankodo.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(中野)TACO ché (タコシェ)(インディーズ系の書籍・アート・CD・DVD・衣類・楽器・雑貨)

(画像は「nyankodo.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(西荻窪)旅の本屋 のまど(旅に関連した書籍)

(画像は「旅の本屋のまど – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(渋谷)天狼院カフェSHIBUYA(オールジャンル、写真、カフェ、体験イベント)

(画像は「天狼院カフェSHIBUYA – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(恵比寿)NADiff A/P/A/R/T(ナディッフ アパート)(アート、ギャラリー)


(画像は「NADiff a/p/a/r/t – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(西荻窪)ナワプラサード(カウンターカルチャー、スピリチュアル)


(画像は「ナワ・プラサード&ほびっと村学校 – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(神保町)猫本専門 神保町にゃんこ堂(猫本)

(画像は「nyankodo.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(江古田)百年の二度寝(ZINE、雑貨、イベントスペース)


(画像は「100nennonidone.jimdosite.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(赤坂)双子のライオン堂(作家や研究者による選書専門店、文芸、読書会)


(画像は「双子のライオン堂(東京赤坂の少し変わった本屋) – X(旧Twitter)」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(南青山)ブッククラブ回(スピリチュアル専門)


(上2点の画像は「ブッククラブ回 – Facebook」から引用)
(下2点の画像は「bookclubkai.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(祖師ヶ谷大蔵)BOOKSHOP TRAVELLER(棚貸し本屋=本屋のアンテナショップ、ギャラリー、イベント)


(画像は「本屋を旅する Bookshop Traveller – Facebook」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(代田橋)flotsam books フロットサムブックス(ファッション/アート/写真集/などアートブック専門店)


(画像は「flotsambooks – X(旧Twitter)」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(六本木)文喫(文化を喫する、入場料のある本屋。本と出会うための本屋。)


(画像は「bunkitsu.jp」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(恵比寿)POST(洋書アートブック専門)


(画像は「post-books.info」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(高円寺)本の長屋(シェア型書店/古本酒場/ギャラリーエリア/イベント・交流スペース/などの複合施設)


(画像は「honnonagaya.com」と「本の長屋 – X(旧Twitter)」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(荻窪)本屋 Title(オールジャンル書籍、カフェ、ギャラリー)


(画像は「title-books.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(下北沢)本屋 B&B(ビールが飲める本屋、オールジャンル、トークイベント毎日開催)

(画像は「内沼晋太郎 – note」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(幕張)本屋lighthouse 幕張支店(生きる希望に繋がるセレクト本)


(画像は「books-lighthouse.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(銀座)MUJI BOOKS 無印良品 銀座()


(画像は「muji.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(新宿御苑)模索舎(自主流通出版物、少流通出版物、カウンターカルチャー)


(画像は「mosac50.web.fc2.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(新富町)森岡書店 銀座店(週替わりで1冊だけの本を売る書店)

(画像は「ja.takram.com」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(神宮前)ユトレヒト(アート、デザイン、ファッション、自社出版物、ギャラリー)


(上の画像は「utrecht.jp」から引用)
(下の画像は「UTRECHT/NOW IDeA – X(旧Twitter)」から引用)

 

  ↓↓個性派の新刊書店↑↑

(浅草田原町)Readin’ Writin’ BOOKSTORE(オールジャンル、イベント、ワークショップ、ギャラリー)

(画像は「readinwritin.net」から引用)

 

  個性派の新刊書店↑↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

下からも、よろしくお願いいたします。